空飛ぶ にしべぇ!! のブログ

思い立ったら、ぶらり旅。

超新人 江戸下町のもんじゃの食べ方を応援します。

もんじゃは東京下町のソウルフード。昭和オリンピックの時代、日本を動かす人たちが暮らしていた東京永田町の山の手のご家族はホットケーキ。下町庶民の子供たちはもんじゃという決まりがあったとかなかったとか。
f:id:benryedogawa:20200730190146j:image

 昭和東京オリンピックの時代、下町庶民の小学生は、駄菓子屋のもんじゃ屋で、よく小学校の水飲み場にぶら下がっているブリキのコップに、小麦粉と水を溶かしてキャベツの千切りを入れて、鉄板で食す。これもんじゃデス。1杯15円。天かす入れて25円。切いか入れたら今日はぜいたく35円。子供たちだけで小遣いもって井戸端会議です。
f:id:benryedogawa:20200730190205j:image

もんじゃの食べ方にルールなんてありません。もともと子供のおやつなんで。ルールは子供が作ります。今どきの大人たちが、汁が漏れないようにキャベツをわっかにして、、、ですが、どばーもありだし、ちびちびもありです。
f:id:benryedogawa:20200730190021j:image

一杯目は明太もんじゃ。最初は豚肉を焼いて火を通してからキャベツに汁にと子供がそんなことわかるわけありません。好きに調理しましょう。
f:id:benryedogawa:20200730190058j:image

何となく汁の色が変わってきたらさすがに生じゃないなと子供でも分かります。

ここでグルングルんにかき混ぜちゃいます。みんなでグルングルんです。
f:id:benryedogawa:20200730185954j:image

最近のこれがもんじゃですと。もんじゃはこうやって食べるんです。とおっしゃる高級もんじゃ屋さんは、これを皆様のお皿にもって、さあどおぞと。

あー美味しかった。 で、終わりにしてはおけませんです。われらキッズは、この一部を鉄板に残して、水分を思いっきり飛ばして両面カリカリに焦がして、ハンバーぐを作ります。中に切りイカがないっていればさらに良い。
f:id:benryedogawa:20200730190103j:image

ご馳走様。最初に油をひきました。どうです、きれいに食べたでしょう。鉄板の淵まで汚さないのが、私のこだわりです。もんじゃの焦げ跡もおいしいんで、跡形もなく小さなへらで、すくい取り食します。それだけでも、ビールのつまみとなりました。
f:id:benryedogawa:20200730185958j:image

さて二杯目は、豚カレーもんじゃです。私の子供のころは、カレーやチーズのトッピングはありませんでした。今カレー味が、ビールに大好きです。
f:id:benryedogawa:20200730190006j:image

一杯目、みんなで取り分けてお皿に乗せて食しましたが、実は、ぼくたち下町っ子は、そんなことしません。このようにちょっと左に移動して、
f:id:benryedogawa:20200730185951j:image

ちょっとウエハースみたいに、パリッとしたところを、小さいへらでむしり取ってそのまま口にほおばります。(今の時代にそぐわないですね。。)
f:id:benryedogawa:20200730190139j:image

あるいはちょっと、」くるくるっと丸めて裏返しこれをお皿に受けて食べてます。
f:id:benryedogawa:20200730190159j:image

もんじゃの焦げた香ばしいい味をお試しください。
f:id:benryedogawa:20200730190002j:image

もんじゃのかたまりを今度は右へ。
f:id:benryedogawa:20200730190155j:image

縁を切って、ここからここは俺のだぞ、子供のころは、やってたような。。
f:id:benryedogawa:20200730185932j:image

今は大人食いです。ゆっくり焦がして裏返し。
f:id:benryedogawa:20200730190132j:image

ビールのつまみが足りないので、先に右の塊を食べてしまいましょう。
f:id:benryedogawa:20200730190129j:image

三杯目は、ベビースターもんじゃと角ハイボール

鉄板は相変わらず、輝いています。私のこだわり。
f:id:benryedogawa:20200730190216j:image

これは写真映えするかなと思い、やってます。ベビースターいつ入れようが自由です。
f:id:benryedogawa:20200730190009j:image

おっとっと。汁が土手からはみ出しました。

最近のお店では、この客はへたくそなようです。
f:id:benryedogawa:20200730185948j:image

ところがどっこい。このはみ出した汁が乾燥すると天使の羽のような香ばしいおせんべいに変身するのです。(天使の羽はそうゆう味だと子供のころ思いました)
f:id:benryedogawa:20200730185926j:image
f:id:benryedogawa:20200730185941j:image

右と左に分けた意味は特にありません。
f:id:benryedogawa:20200730190142j:image

ベビースターを入れると水分を取られるため、もんじゃがすぐに乾いてしまします。

ベビースターがこんがり固焼きぞばのように香ばしく焼きあばりました。最高です。
f:id:benryedogawa:20200730190051j:image
さて4杯目は明太もんじゃデス。ここからは、酒の肴として少くします。

子供のころは、お小遣いがなくなって、帰る頃です。
f:id:benryedogawa:20200730190118j:image

最高に熱した鉄板で、もんじゃを一気に水分を飛ばします。
f:id:benryedogawa:20200730185929j:image

左に寄せて右におせんべいを作ります。
f:id:benryedogawa:20200730190107j:image

十分焦がして薄皮に。いただきます。
f:id:benryedogawa:20200730190039j:image

右に、左に、この間 ハイボール2杯いただきました。
f:id:benryedogawa:20200730190202j:image
f:id:benryedogawa:20200730185944j:image

最後は、焦げ間もいただき、スイッチオフです。私は一人で、飲んだくれていましたので、鉄板の温度を、最初とおせんべいを作るときには高温で、あとは、ゆっくり低温で雰囲気を味合っていました。
f:id:benryedogawa:20200730190136j:image
中学生のグループ。そうです、もんじゃは下町っ子のソウルーフード。

最後はこの店のシークレットもんじゃを注文。

前回は、キムチの入ったもんじゃでした、今日は、カラムーチョ?とショウガでした。
f:id:benryedogawa:20200730190017j:image

この紅ショウガが、ビールが進む私の二番目に好きなもんじゃなんです。

1番好きな具は、タヌキ(揚げ玉)なんです。この油の味がにじみ出るもんじゃが、大人の私に、子供のころを思い出させてくれるんですね。

おさらい。今の皆様がやっているので、肉に火を通してキャベツをまわるく。
f:id:benryedogawa:20200730185937j:image

汁を注ぎ込んで、土手から溢れたら、大きいへらでカキカキ。
f:id:benryedogawa:20200730190013j:image

色が何となく変わってきたら、人間の直感を頼りに、マゼマゼ。
f:id:benryedogawa:20200730190122j:image

どうぞ、あとは、好きな時に、お召し上がりください。
f:id:benryedogawa:20200730190149j:image

お皿に、私のよ。と、一気に取り込むのもよし。分断して、ハンバーグを作るために鉄板の上で熟成するもよし。
f:id:benryedogawa:20200730190219j:image

薄いウエハースおせんべいーを作るのもよし。
f:id:benryedogawa:20200730190110j:image

ビールのつまみに、厚めのおせんべいーを作るのもよし。
f:id:benryedogawa:20200730190213j:image

天使の羽をクルクルっと
f:id:benryedogawa:20200730190034j:image

今回ご紹介した店は、東京都錦糸町駅前のお店でした。

のみ食べ表題で税別¥1700は、私にとって、お酒代だけで、もとが取れてしまいました

f:id:benryedogawa:20200730190042j:image
f:id:benryedogawa:20200730190045j:image

錦糸町は、ホテルの修行僧?たちが、多く訪れる聖地です。

マリオットモクシー錦糸町に訪れる皆様には、ぜひ一度「もんじゃ」を味わってください。家族で、食べることが、何よりおいしくて、東京下町の錦糸町に来てよかったと、思ってくださると思います。錦糸町周辺には、いくつものもんじゃ屋がありますよ。
f:id:benryedogawa:20200730190125j:image

いま観光客の間では、月島もんじゃが有名ですが、私が住んでいた東京下町もんじゃは、昭和初期の子どもがあみだした元祖もんじゃで、和気あいあいの食文化なんです
f:id:benryedogawa:20200730190048j:image