空飛ぶ にしべぇ!! のブログ

思い立ったら、ぶらり旅。

ブリュッセル途中降機 スペイン還暦旅行

2020.1.27 スペイン還暦旅行とコロナWショックのまえぶれと共に

f:id:benryedogawa:20200130022204j:image

 

ANAは直行便がないので、ベルギーブリュッセルを経由していくことになります。

飛行機に弱い妻を思いブリュッセルまでの12時間フライト後の乗り継ぎで一泊してから、体調を整えて残り2時間のフライトでバルセロナに入ります。

年末年始バンコク滞在して東京に戻り、1月20日から北欧に。この時はまだ東京にマスクもあふれていたのを覚えています。が、戻った2月中旬にはコロナWの真っただ中。北欧、南欧をへて、2月後半はバンコク。3月初頭は北海道函館を経由して東京に帰国しました。世界各地のコロナWに対する温度差を肌に感じてきたいま、それを冷静に時間を少しおいて記していこうと思いました。

 1月27日東京-ブリュッセル便

このころは、コロナWが中国国内のものとして報道されていました。マスクを購入して搭乗です。乗務員もマスクを着けていませんでした。ほんの1か月前です。

f:id:benryedogawa:20200130022826j:image

いつも和食を選んでしまうので、今回は洋風をと思って乗り込みましたがやっぱり和食がいいですね。
f:id:benryedogawa:20200130023242j:image
f:id:benryedogawa:20200130023128j:image
f:id:benryedogawa:20200130023245j:image

洋食のメニューの一部がお好きな時にのアラカルトにあったので追加注文。
f:id:benryedogawa:20200130023526j:image
f:id:benryedogawa:20200130023142j:image

朝食もやっぱり和食です。

f:id:benryedogawa:20200130022843j:image
f:id:benryedogawa:20200130023132j:image
f:id:benryedogawa:20200130023248j:image

世界三大がっかりスポットの小便小僧

世界三大がっかりスポットといわれるとおりの感想でした。
f:id:benryedogawa:20200130023238j:image
f:id:benryedogawa:20200130023229j:image

f:id:benryedogawa:20200130022757j:image
f:id:benryedogawa:20200130023152j:image

最近できたようですが、しょんべん少女の登場です。家内はすぐに引きました。

多分世界三大がっかりスポットの2つ目の称号を取得できるでしょう。

そんな私が、ブリュッセルの唯一の夜に選んだ観光が、この二つでした。


f:id:benryedogawa:20200130023202j:image

ブリュッセルマリオットホテルグランプルス

アメニティが乏しく歯ブラシもガウンもスリッパもなく寂しい限り。

ラウンジのカクテルタイムの軽食も写真をとるのも忘れるぐらい寂しい。

このベルギービールは癖がなく飲みやすくてとてもおいしい。イチゴ味のビールもフルーティーで面白かった。もちろん飲みやすくておいしかったです。

部屋は最低の部屋に押し込められた。1階でアジア系のフロア?コロナウイルスの影響?次はないですね。

f:id:benryedogawa:20200130023232j:image
f:id:benryedogawa:20200130023149j:image
f:id:benryedogawa:20200130023205j:image
f:id:benryedogawa:20200130023138j:image
f:id:benryedogawa:20200130023124j:image
f:id:benryedogawa:20200130023251j:image
f:id:benryedogawa:20200130023146j:image
f:id:benryedogawa:20200130023216j:image
f:id:benryedogawa:20200130023222j:image
f:id:benryedogawa:20200130022814j:image

翌日は、朝早くに出発してブリュッセルAゲートにあるレクサスプロヂュースのザロフトラウンジで、バルセロナ行き乗り継ぎ待ちをいたしましょう。

ブリュッセル国外線はBゲート発着が多く、スターアライアンスラウンジは、ごった返しています。(プライオリティラウンジは空いていて比較的おすすめです)

今回はユーロ圏内の国内線なのでAゲートにあるザロフトラウンジを楽しみにしていましたが、すいてはいますが、それほどの飲食のクオリティは、高くなかったようです。


f:id:benryedogawa:20200130023257j:image
f:id:benryedogawa:20200130023210j:image
f:id:benryedogawa:20200130023158j:image
f:id:benryedogawa:20200130023225j:image
f:id:benryedogawa:20200130023120j:image
f:id:benryedogawa:20200130023117j:image
f:id:benryedogawa:20200130023208j:image

 

 

 

 

まとめ

ブリュッセルは、王子や王女様のような美男美女が多くてうれしかった?ですが、観光には、短い乗り継ぎの時間程度での観光は楽しめませんでした。早々に乗り継いで目的地で楽しんだほうがよさそうです。

コロナWのアジア人としての偏見を強く受けたのもこのときでした。身の安全のためマスク着用でチェックインしたのはまずかったかなと、この時点では思いました。東洋と欧米のマスク着用の文化の違いを知りました。しかし、マスク着用は必須だと今も思っています。

さて、これからスペインバルセロナに入るのですが、コロナW感が全くなく。。。