空飛ぶ にしべぇ!! のブログ

思い立ったら、ぶらり旅。

バルセロナ旅行記2

バルセロナの旅。開けて初日は、サンジョセップ市場と旧市街地へ。マリオットACバルセロナホテルへのチェックインも大事な1日。少し早めにいって、アップグレードしてもらわないと7泊がさみしいからね。

f:id:benryedogawa:20181206093428j:plain

 昨日ロンドンの息子が、今夜バルセロナにきて2泊して朝一で帰れるとのことでしたので、会うことにしました。旅費は当然お父さん持ち。もっと事前に決まってくれれば、航空チケット料金が4,5倍違ったのに。。でも、会いたい気持ちがいっぱいです。

 

ホテルプラクティークベーカリーで朝食

パンがとってもおいしい。(ACバルセロナや、他のどのバルより結果ここが一番おいしかったのです)マリオット系列ではありませんが、(バスタブが無いけれど)お勧めのホテルです。

f:id:benryedogawa:20181205230159j:plain

生ハムの塩気がおいしい。

店頭でサンドイッチを注文した人に対して、定員が置くのこのビュッフェスタイルのホテルの朝食ブースにきておもむろに左のパンにオリーブオイルをたっぷりかけサラダと生ハムとリーズを載せてまたパンではさんで、戻っていきました。

なんとカジュアルなホテルなんだろう。マネッコいたしました。

f:id:benryedogawa:20181205230246j:plain

午前中、チェックアウトを先に済ませ、バックをキープしてもらい、メイン道路を散策

f:id:benryedogawa:20181205231440j:plain

カサパトリョ。内外装のリフォームを手がけたガウディ初期のの作品 

左隣の既存の建物にライバル心を燃やして、気合いを入れた作品です。おじいちゃんが鉄の職人、お父さんがタイル職人、でもって彼が鉄とタイルと木を融合したモデニスモ建築を進化させたと学生時代習ったような、聞き逃したような。。

イスラムとキリストを融合した文化のモデニスモ建築を味合うのは、5日目のシッチェスというバルセロナから1時間ぐらい郊外に出た町で、より鮮明に出会えることになりました。

夜のカサパトリョは毎晩、バルに出かけるとき拝見しておりました。

f:id:benryedogawa:20181205232615j:plain

サンジョセップ市場でちょっと早い昼食

私が旅でいつも楽しみなのが、市場でのつまみ食いとビールです。

バルセロナには2つの大きな市場があって、これは観光客向けの市場です。

f:id:benryedogawa:20181205235126j:plain

f:id:benryedogawa:20181205235154j:plain

f:id:benryedogawa:20181205235221j:plain

f:id:benryedogawa:20181205235308j:plain

まあまあかな。雰囲気でいただきました。ちょっと高いな。後で知りました。。

f:id:benryedogawa:20181205235413j:plain

得体の知れない細長い貝のソティー。1本でいいのに。。シャングリラとともに。

ビールがうまい。安い。そうスペインはビールがジョッキ¥300ぐらいで安い。

f:id:benryedogawa:20181205235849j:plain

ガウディの出世作となったグエル邸

ガウディの建物は、煙突の換気口が奇抜ですね。

f:id:benryedogawa:20181205233149j:plain

地下室の馬車小屋。柱が天井に向かって広がっていくのがガウディの十八番。

f:id:benryedogawa:20181205233320j:plain

木と石と鉄が融合しているのが素晴らしい1900年前後の作品ですよ。

日本で明治30年頃で、自動車が走っていない頃。こんな時代かな?

f:id:benryedogawa:20181205234113p:plain

f:id:benryedogawa:20181205234428j:plain

f:id:benryedogawa:20181205234515j:plain

なんとなく日本の雰囲気も出てますね。床の模様もガウディの特長。

f:id:benryedogawa:20181205234543j:plain

ACバルセロナホテルにチェックイン

SPJプラチナエリート会員の恩恵で、ジュニアスイートに7泊泊まります。多くの口コミで地中海側がいいと書いてありました。そちら側です。

f:id:benryedogawa:20181206000326j:plain

f:id:benryedogawa:20181206000402j:plain

f:id:benryedogawa:20181206000812j:plain
私は、ヨーロッパ特有の茶色い町並みとオレンジ色の夜景が好きなので、町側だったらいいなと思いましたが、こんな日の出を毎日みたので満足です。(ついたときはディズニーホテルからみた東京湾と変わんない海は一つだしって)

f:id:benryedogawa:20181206000535j:plain

遅めの到着だとスイート埋まったらやだし、14:30に無事チェックインです。

迎えの大型ショッピングモールのなかのバルで、いっぱいいただいてから夕方のボルン地区へ散策です。

f:id:benryedogawa:20181206001807j:plain

f:id:benryedogawa:20181206002410j:plain

夕方、ボルン地区の中心にピカソ美術館へ

毎日、海とグエル公園がある山とこのピカソ美術館を目印に地図を見ていました。

予約なしで、30分ぐらいならんで入場です。こんな路地中にあります。

f:id:benryedogawa:20181206003025j:plain

ピカソはこんな絵ばっかで、エロい人なんです。撮っちゃ駄目よ

f:id:benryedogawa:20181206002041j:plain

だからこんな街になるんですね。

f:id:benryedogawa:20181206003328j:plain

あちらこちらにバル(もしかして朝までやってるの?)と

お土産屋さん(21頃にはしまってたかな)

f:id:benryedogawa:20181206003551j:plain

f:id:benryedogawa:20181206003503j:plain

凱旋門ってどこにでもあるんですね。夜は危険を感じたんで、これでおしまい。

f:id:benryedogawa:20181206005002j:plain

交通手段は地下鉄回数券で

バルセロナの地下鉄は1日で把握しました。1号線とか2号線とよび色分けもされているし、バスはあきらめて、市内観光は地下鉄に徹する事にしました。T-10チケットという10枚綴りがお得です。3回かって、息子とも使ってなお、5回分余りました。帰り空港で誰かにあげようかと思いましたが、文化も違うし、捕まって飛行機乗れなかったら洒落にならないので、持ち帰りました。

さて明日の夕方は、息子を迎えに空港に行こう。