空飛ぶ にしべぇ!! のブログ

思い立ったら、ぶらり旅。

海外渡航中のAU携帯の設定について考える

海外渡航時にいつも考える携帯の設定について

最近やっていました海外渡航中の携帯の通話設定 は、転送設定(ボイスワープ)で、国内のスタッフの固定電話に転送していました。

これですと、海外で機内モードにしていても海外着信通話料金として、かけた側と転送先がともに国内でも、海外に持ち出した私の携帯に一度着信されるので海外通話料金(¥175/分など)がかかることを知りました。涙。。

 通話設定について

空港ですること

 

🔲まずは、留守番電話サービスの設定をしましょう

「1420」で、既存の自動お留守番サービスを解除する。

「1416」で、トップメニューで「2」お留守番サービスの各種設定にして、

応答メッセージの設定を行う「1」

応答メッセージを録音するで「1」

自分の声で応答メッセージをいれたいので「1」

「・・・・・・・」「#」

もう一度「#」 で、確認して電話を切る。

コール回数を短くする場合は

「1418」「5」5秒の場合

「1418」「15」15秒の場合

「1411」留守番電話を開始する。

 

🔲モバイルWi-Friを使いWi-Fiを利用する。通話をする。又は留守番電話にメッセージを入れてもらう。

モバイル通信の設定は、

f:id:benryedogawa:20181017154529p:image

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



f:id:benryedogawa:20181017154535p:image

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:benryedogawa:20181017154526p:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:benryedogawa:20181017154532p:image

 

⑦世界データ定額使用するときは、モバイルデータ通信を「オン」にします。

そのときは、自動的に4Gをオンにする が、下記のように音声通話のみと音声通話とデータが、選べるようになるので、「音声通話とデータ」に設定する。以後、国外も国内もこの設定のままでよい。

f:id:benryedogawa:20181017160135p:image
f:id:benryedogawa:20181017160140p:image

 

もう一度確認

    

🔲モバイルWi-Fiを使いWi-Fiを利用する。通話をする。又は留守番電話にメッセージを入れてもらう。

モバイルデータ通信 オフ

    通信のオプション> に入り

        4Gをオンにする 

        音声通話> に入り

        音声通話のみにチェックが入っていることの確認

        ローミング の記述はない。

            

飛行機の中だけ機内モードに設定する

 

🔲世界データ通信を使って、モバイルWi-Fiを使わず通信をする。通話又は留守番電話にメッセージを入れてもらう。

モバイル通信の設定は、

    モバイルデータ通信 オン

        4Gをオンにする 音声通話とデータ

        データローミング 音声通話ローミング オン

             

🔲飛行機の中だけ機内モードに設定するのをわすれないで

 

🔲日本に戻ってきたら「モバイルデータ通信 オン にするだけ

その他の設定を変更する必要はございません。

 

 

🔲AUデータ定額を使う時の注意点

 

データ定額 国内でログインしておく

海外で使うときタップ 利用開始

海外で24時間経ったら使ったらアプリを閉じて再度開始。

 

機内モードに設定するのは、飛行機に乗っているときだけ後はOFF

 

海外ではWI-FIに積極的につながるようで、WI-FIがつながらないときモバイルWi-Fiにつながるようになっているらしい。

 

国内に戻ってきたらローミングデータローミングだけをOFFにする。

(とAUに言われましたけど、どちらでもいいらしい)ので、特に設定変更しない。

だから、データローミングも「オン」のままです。

 

 

●日本に戻ってきたら「モバイルデータ通信 オン にするだけ

        

 

------------------------------



 

 

 

 

 



 

 

----------------------------------

 

 

 

 

現地ですること

通話は、ラインアウトアプリで無料通話する。固定電話も携帯もOKです。

f:id:benryedogawa:20180712214045p:image

 

 

戻ってきたら空港ですること

「1420」で、自分の声の応答お留守番サービスを解除する。

「1416」で、自動音声の応答お留守番サービスに設定する。

「1411」で、いつもの自動お留守番サービスに設定する。

 

その他空港に行く前に設定すること

GlocalMeの設定

f:id:benryedogawa:20180712214009p:image

携帯かIPAD内のGlocalMeアプリを立ち上げて、チャージの確認。

ログインしないと、チャージ出来ません。ログインしましょう。

メニューの「ショップ」を開く。

目的地のパッケージを買う。

一週間ぐらいは1GBで大丈夫です。1GB7Days Packge(Thailand)など。5ドル

これを使い切ったら自動的にData Package 1.1GB Worldwide(365days)に切り替わるので、いつも1GBぐらいはチャージしておきたい。

現地に着くまでは、ログオフしておいた方がよい。

 

f:id:benryedogawa:20180712214447j:image

 

GlocalMe(充電機能付きWi-Fi)のスイッチを入れる。

GlocalMe画面内メニューのホットスポットを押すとパスワートがあるので

携帯とIPAD共に、入力して「GlocalMe-11906」Wi-Fiにつながっていることを確認。

携帯Wi-Fiの充電は一日持ちますが、通信データの消耗(1週間使っても¥500位ですけど)や携帯側の充電が消耗するので、ホテルまでの移動とか、マッサージうけてるときとか、必要なさそうなときは、Wi-Fi GlocalMeの電源長押しのうえ「切る]をしておきましょう。携帯やIPAD側は、機内モードのままなので、大丈夫です。

 

戻ってきたら空港ですること

Wi-Fi GlocalMeの電源長押しのうえ「切る」

携帯とIPAD機内モードの解除

忘れると国内でも接続されてワールドチャージ分が全部使われてしまいます。

 

旅を終えて

今の自分の環境では、この方法が一番安くて、簡単でした。

SIMフリーは、いずれ長期滞在することがあれば、挑戦してみます。

タイに永住しようかな。。。

 

お疲れ様でした。